アルバイトの仕事に従事する上で大切なこと

アルバイトの仕事に従事する上で大切なこと

アルバイトの労働保険と社会保険を知っておく

アルバイトの仕事に従事する上で大切なこと
仕事をするようになると一定のリスクが生じるようになります。そのための保険として国が用意してくれている保険があります。正社員の場合にはそれらの会社の規模であったり、社員の条件によって加入手続きが行われます。特に制限などがないのが労災保険とされています。こちらの場合は日雇い労働であっても加入の手続きをする必要があります。

アルバイトの場合は労働保険や社会保険は加入することができるでしょうか。労働保険の中でも雇用保険は一定の条件があります。短時間労働者に該当するかどうかです。1週間に20時間以上の労働時間があるときに適用されるといわれています。もし加入できれば将来的に失業をしたときに失業給付が得られる可能性があるのでできれば加入したいでしょう。手続きをするのは会社です。

社会保険には健康保険と厚生年金があります。健康保険は親の扶養などに入っていれば通常は必要ありませんが、厚生年金は加入していれば将来の年金が多くもらえるようになります。こちらは正社員に比べて4分の3以上の労働時間があるときに該当するとされています。国民年金は20歳以上が加入ですが、厚生年金は特に年齢制限はありません。20歳以上でも加入することができ、将来の年金に影響させられます。